手、腕のしびれの考えられる原因

朝起きて、手が痺れてたりしていた経験はありますか?どこか急に痺れ出たりすると、不安になりますよね。
時々でてくる痺れ… 何が原因で起っているのでしょうか?

一時的なしびれ

血行が一時的に悪くなったためのしびれです。朝起きたときにカラダの下になっている方の手腕が痺れていた場合、そしてしばらくすると痺れがなくなる。脚で言うと、正座をしていて痺れてしまった様な感じ。

継続したしびれ

一時的な圧迫ではなく何かの原因により継続して圧迫されている状態です。神経は頭から首の骨の中、さらに鎖骨の下を通り、腕、肘、手首、指先へとつながっていて、どこの部位で神経が圧迫されているかで対処法が異なります。

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手首(手の関節)にある手根管というトンネル内で正中神経が何らかの原因で圧迫された状態です。

症状

  • 親指外側、人差し指、中指のしびれ、手首が痛む。
  • 痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、締めつけられるような痛み、ものを掴むことが困難になる。
  • 進行すれば夜眠れないほどの痛みが出るようになる。

手の酷使や外傷が原因で、手根管が圧迫や損傷を受けることで起こります。また手根管症候群は女性ホルモンとの関わりを指摘されており、妊娠や出産によって発症するケースもあります。さらに、アミロイドーシスや甲状腺機能亢進症、関節リウマチなどの自己免疫疾患の合併症として起こる場合もあります。

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

胸郭出口とは、鎖骨と第1肋骨の間にある隙間で、神経の通り道が狭くなり、血管や神経を圧迫するために、腕や手のしびれ、手の血行不良(冷え、だるさ)などの症状を引き起こします。何らかの原因で鎖骨周辺の神経が血管と一緒に圧迫されると起こります。

症状

  • 手指・腕のしびれ,熱感,冷感,脱力感,頚部・肩・肩甲間部・前胸部のうずくような痛みを起こす。
  • つり革につかまる時や、物干しの時のように、腕をあげる動作で、肩や腕または手に、しびれが生じてくる。

肘部間症候群

症状 手のしびれ、特に小指のしびれや痛み、筋肉が萎縮したり、筋力が落ちたりするという症状が見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です