首が痛くなったら、マッサージするか?湿布を貼るか?温めるか?ですよね。

いや、それよりもまずはググってみますかね?

それはそれで正解だと思います。痛いところをケアしてあげるのは当然です。

 

でも実は首の痛みが起きやすい、環境なのか、体の使い方なのか、姿勢なのか、、、

そういったアジェンダ(課題)があるんです。

オステオパシーではどんな症状の患者さんでもそういったアジェンダをまず見つけるわけです。例えば腰痛の人なら、

「あーこの人いつも腰が痛くなっちゃうのは、昔ケガした足首のせいなんだね…」とか

右肩が痛い人なら、

「いつも右肩が痛くなるのは、脂肪肝で右半身が重たくなっているせいなんだね」とかですね。

 

実際、先日首が痛いという人が来ました。

いろいろお話を聞いて、検査をして分析を進めていくと、手首に問題があることがわかりました。

この人は給食の調理師さんだったんです。

だからこの人のアジェンダは「仕事をしても手首の歪みを作らないこと」というふうに決めました。

で、まず包丁を研ごうか、という結論になりました。(もちろん手首の調整はしましたが。)

 

もしアジェンダが未解決のままだと、結局同じことを繰り返すか、次はもっと悪化することになります。

ですからオステオパシーと他の治療方法と何が違うのかと言われれば「アジェンダ見つけ力」だと考えています。

僕の出会った先生方で素晴らしいオステオパスは共通して「アジェンダ見つけ力」が高いです。これは様々な視点、かつ広い視点で観る思考訓練を受け、磨き続けているからでしょう。

「ワタシの身体の課題を知りたい。見つけたい。それを解決したい。」そう思う方はオステオパシーを受けることを勧めます。

逆に「それは別にいい。とにかく今痛いのが取れればいい。」という方はお勧めしません。オステオパシーの分析は

問診や検査が長いのでたぶんうっとおしく感じるはずです。